予防歯科


虫歯も歯周病も予(あらかじ)め防(ふせ)ぐことが最も大切です。

08df8f3485c1a9e534ca368d55a1bdfa_s.jpg

虫歯ができたり歯が痛くなると、まず来院し、治療を行い治します。しばらくして、こんどは、別の歯が痛みだし、来院、そして治療…ということの繰り返し

しかし、これからは痛くなる前に歯の定期的な検診を受け、予(あらかじ)め防(ふせ)ぐことに重点をおきましょう。

ご家庭ではどうしても落とせないような汚れを、当院ではPMTCと呼ばれる歯のクリーニングの専用の器械や薬剤を使って落としたり、正しい歯の磨き方の指導をさせていただきます。

インプラント


​歯を失ってお悩みの方へ

f7fcfb9b6b922301e80cdb6092242f82_s.jpg

従来、虫歯や歯周病がひどくて歯が抜けてしまった、もしくはやむなく抜歯をした場合は入れ歯かブリッジで対応してきました。しかし入れ歯は大きくかさばる上に、取り外しが面倒であったり又違和感が有り、噛むと痛みがあったりとトラブルが絶えません。またブリッジは前後の健康な歯を削らなくてはいけないというリスクがあります。  

しかしながらインプラント治療は、歯の無い部分に歯の代わりとなるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に歯を被せる治療ですので、入れ歯のように取り外しや、ブリッジのように前後の歯を削る必要もありません。更に、見た目も本物の歯と変わせん。


安全のために

コンピューターによる診査

当院ではインプラントを埋入する全ての患者さんに、提携の赤十字病院にてCTを撮影し最新の3D画像を使用して診断を行います。骨の形態や密度、血管、神経の位置を手術前に正確に把握することによりインプラントの埋入位置、太さ、長さなどを決定し、術前にコンピュータ上でシュミレーションすることにより安全に手術を行うことができます。

WS000005.JPG

当院では信頼と歴史のあるアメリカ製のスプラインツイスト、スイスプラス、スクリューベントというインプラントを使用しています。中国製や韓国製はもちろん日本製も使用しておりません。骨や歯肉の状態を考慮して1回法、2回法、ソケットリフトや前歯部においては抜歯即時埋入も行っております。

最も侵襲の少ない、体にやさしい手術方法を検討して使用するインプラントの種類を決めていきます

WS000136.JPG

マグネットデンチャー

金具の見えない最先端の入れ歯

img001_01.gif
img003_02.jpg

装着・取りはずしが簡単です。  強力な磁石によって入れ歯を近づけるだけで、所定の位置に吸い付くようにはまります。残っている歯に引っかける、わずらわしいバネや複雑な仕掛け等もありませんから、簡単に装着・取りはずしが行えます。落ちない入れ歯。見た目もスッキリ。  小さくても強力な磁石です。入れ歯が落ちたりすることなくピッタリと固定されますので、思う存分食事や会話を楽しめます。また、針金状のバネがないので見た目もスッキリと自然です。歯を支えとして使うため入れ歯そのものを小さく作ることができるので異物感を通常の入れ歯より少なくすることが可能です。

歯にやさしい

機械的に固定すると歯根に有害な力が加わり、歯がグラグラする原因になります。磁石による固定は、有害な力がかかると外れるので、歯根をやさしく守ります。だから、グラつき始めた歯根も利用でき長持ちします。

ジルコニアセラミック

従来使われて来たセラミックの歯、メタルボンドは強度を増すために補強材として内部に金属が使われていました。そのため、やや透明感がなかったり歯肉が痩せてきたとき継ぎ目に黒っぽいラインが出てきたりすることもありました。そこで金属の代わりに白いジルコニアを使うことによってより自然で透明感のある人工歯を作ることができるようになりました。

ジルコニアは、人工ダイヤモンドの素材でもあり常温のセラミックスの中では、最も機械的強度や耐熱性が高いと言われている素材です。スペースシャトルの外壁に採用されているほか、人工股関節の生体材料として医療分野でも幅広く使われています。

DSC07925~01.jpg

ホワイトニング

WS000128.JPG

歯のホワイトニングとは、歯を削ったりかぶせたりすることなく薬品を効かせることによって 白く明るい色合いにする「歯の漂白」です。

当院では自然な白さで透明感があり、後戻りの少ないホームホワイトニングを中心としています。